カメラを始めたい方へ!カメラのフィルムとレンズの種類をご紹介

カメラのフィルムやレンズにも違いがあることをご存知でしょうか?違いを覚えて使い分けることによって、魅力的な写真を撮ることができるので、ぜひ違いを覚えておきましょう。

フィルムの種類

フィルムの種類

デジタルカメラが普及している現代ですが、昔ながらのフィルムカメラも人気があります。フィルムといってもすべて同じものではありません。大まかに分けると、フィルムは下記の2種類に分けられます。

ネガフィルム

ネガフィルムは一般的に広く使われているフィルムの種類で、安価で手に入るものも多くあります。フィルム上では色や明暗が反転した陰画になることが特徴です。そのため、再度色を反転してプリントする必要があります。プリントする際に色調の調整ができるため、失敗してもカバーしやすいというメリットがあります。

ポジフィルム

ポジフィルムとは、プリントを前提としたネガフィルムと異なり、陽画といってフィルムそのものに写真が写るものです。リバーサルフィルムやスライドフィルムとも呼ばれています。そのままフィルムに写真が出てしまうため、撮影時に露光や色調に気をつける必要があります。プリントすることも可能ですが、そのままプロジェクターで投影する目的で使用されることも多いフィルムです。

フィルムの違いで写りが変わることはもちろんですが、フィルムメーカーの違いによってもまた異なった写真に仕上がるため、ぜひ好みのフィルムを探してみてください。

レンズの種類

レンズの種類

カメラは本体だけでなく、レンズにも違いがあります。大きく分けるとズームレンズと単焦点レンズの2つに分けられます。

ズームレンズ

ズームレンズは、焦点距離を変えて撮影することが可能です。被写体に近寄れない場合にアップにしたり、広角で広がりを持たせたりといった調節ができます。

単焦点レンズ

単焦点レンズは、ズームが一切できないレンズです。しかし、背景をきれいにぼかすことができたり、室内でも明るく撮ることができたりと、メリットも多くあります。

そして、ズームレンズと単焦点レンズの中でも、標準・広角・望遠・マクロといった種類があります。

標準レンズ

視覚に似た画角で、自然な見たままの風景を撮影することができるレンズです。初心者でも使いやすく、様々なシーンで活用することができます。

広角レンズ

広い範囲を撮影することができます。広大な風景や、室内の広い範囲を撮影するのに最適なレンズです。

望遠レンズ

被写体と距離が離れている場合に活躍するレンズです。被写体と背景が離れていても近く見える「圧縮効果」があることや、背景をきれいにぼかせることが特徴といえます。

マクロレンズ

被写体を大きく写すことができ、植物や料理などの撮影に適しています。一輪の花が画面いっぱいに写るほどアップで撮影しても、きれいな写真に仕上げることができます。

一眼レフ・デジタルカメラ・コンパクトカメラなど、カメラ本体の種類も様々ですが、フィルムやレンズなども本体同様様々な種類があります。シーンによってカメラ本体はもちろん、レンズやフィルムを変えて撮影するのも、写真撮影の楽しみの一つです。それぞれの違いを覚えて、すてきな写真を撮影しましょう。

コンパクトカメラ愛用中のカメラ女子向けハンドストラップ

会社名 株式会社SMOKEY SUNDAY
住所
〒272-0811 千葉県市川市北方町4-1724-2-301
TEL 03-6416-9922
FAX 03-4586-9856
メールアドレス info@smokeysunday.jp
運営統括責任者 伊崎 瑞穂
URL https://shop.extended.jp/
Liquid error: Argument error in tag 'include' - Illegal template name