デメリットが愛すべきポイントとなるフィルムカメラと揃えたいアイテム

デジカメのような高画質な写真は期待できないフィルムカメラですが、デジカメと比較するとデメリットがメリットへと変わります。

こちらでは、フィルムカメラとデジカメの違いや、買い揃えたいアイテムをご紹介いたします。おしゃれなネックストラップをお求めでしたら、ぜひExtended Photographic Materialをご活用ください。

デジカメとフィルムカメラの違い

デジカメとフィルムカメラの違い

フィルムカメラは、被写体からの光情報でフィルムに化学変化を起こして記録します。一方デジカメは、光情報をデジタル化して、SDカードなどの記憶媒体に保存します。化学変化を利用するフィルムカメラは撮り直しができませんが、デジカメは撮り直しが可能です。

さらに、フィルムカメラで使用するフィルムは1本あたりの撮影可能枚数が決まっていますが、デジカメはSDカードの容量が一杯になるまで撮影することができます。また、フィルムカメラを現像するためには特殊な環境と道具が必要なため、時間とコストがかかります。

一方、デジカメで撮った写真は自宅ですぐに印刷ができて、用紙の質にこだわらなければローコストです。こうして比較をするとフィルムカメラはデメリットばかりですが、これらをメリットとしてフィルムカメラを愛用している方もたくさんいらっしゃいます。

様々なものがデジタル化していく中で、風情を感じる写真を残すことができるのはフィルムカメラならではの魅力と言えるでしょう。

フィルムカメラと一緒に揃えたいアイテム

フィルムカメラと一緒に揃えたいアイテム

 

交換レンズ

フィルム一眼レフカメラは、交換レンズを使って楽しむことができます。

メーカーごとにマウント(カメラとレンズの接合部)が異なりますので、購入前に必ず確認してください。50mmが基準となっているため、初心者は50mmから始めてみましょう。

フィルム

一般的なサイズは35mmフィルムで、枚数は24枚や36枚です。フィルムを扱う店舗や売り場も減っていますので、手に入りにくいときはネットでの購入がおすすめです。

まずは一般的な「カラーネガフィルム」から始めて、慣れてきたらモノクロフィルムやリバーサルフィルムも試してみましょう。

防湿庫

カメラやレンズ、フィルムは直射日光や湿気に弱く、機材にカビがはえると修理費用がかさみます。

防湿庫を使用すると便利ですが、プラスチックケースと乾燥剤でも代用できます。

お気に入りのカメラにおしゃれなネックストラップをつけたいとお考えでしたら、オリジナルのストラップを提供しているExtended Photographic Materialをご利用ください。クライミングロープと職人の手によって磨き上げた二重リング、上質な牛レザーを組み合わせたネックストラップをご用意しています。

カラーバリエーションが豊富でよりおしゃれなデザインを取り揃えていますので、カメラ初心者の方もお気軽にご覧ください。8,000円以上お買い上げの方には、送料無料でお届けいたします。

おしゃれなネックストラップをフィルムカメラにも

会社名 株式会社SMOKEY SUNDAY
住所
〒272-0811 千葉県市川市北方町4-1724-2-301
TEL 03-6416-9922
FAX 03-4586-9856
メールアドレス info@smokeysunday.jp
運営統括責任者 伊崎 瑞穂
URL https://shop.extended.jp/
Liquid error: Argument error in tag 'include' - Illegal template name