カメラストラップ3種類の特徴とストラップ選びの注意点

カメラストラップは、持ち方や機能性によって3つのタイプに分けられます。よく見かける一般的なストラップや、速写性にこだわったプロカメラマンのようなストラップなど、3タイプそれぞれの特徴をご紹介いたします。

ストラップの連結部品の形状によっては取りつけができないカメラがありますので、事前にご確認ください。

形状や機能性から見た3タイプのカメラストラップ

形状や機能性から見た3タイプのカメラストラップ

 

ネックストラップ

「カメラストラップ」と聞いてまず思い浮かぶのがネックストラップです。肩がけ、首かけ、斜めがけと、長さの調節によって様々な使い方ができるのがこのストラップのメリットです。

汎用性が高くカラーバリエーションも豊富なので、機能性とファッション性をどちらも重視したい方におすすめです。

ハンドストラップ

落下防止を重視する方や撮影時の安定感を求める方に好まれるのが、ハンドストラップです。手に固定して撮影ができるため、プロカメラマンのようにカメラがまわせます。

常にカメラが手元にあるため速写性にも優れていますが、落下防止で締めつけたまま撮影をするとダイヤルやボタン操作がしにくくなるため、持ち運びの際のフィット感と撮影時のフィット感を事前に把握しておくことが大切です。

速写ストラップ

主に一眼レフに用いられる速写ストラップは、伸縮タイプと非伸縮タイプがあります。伸縮タイプは持ち歩く際にカメラが邪魔にならない長さでありながら、いざ撮影するときはストラップが伸びてすぐに撮影が可能です。

非伸縮タイプはストラップに沿ってカメラが動くため、ストラップ自体を動かす必要がありません。

カメラストラップを選ぶ前に2点をチェック

カメラストラップを選ぶ前に2点をチェック

 

カメラ・ストラップ双方の取付形状

ストラップの両端の形状は、金具タイプとテープタイプがあります。カメラによっては金具タイプのみ、もしくはテープタイプのみしか取りつけることができないものもあるので注意してください。

カメラに付属しているストラップの形状と同一のものを選べば間違いありません。

ハンド・速写ストラップで三脚を使う場合

カメラの側面に取りつけるハンドストラップは、既存のストラップ用の穴と三脚穴に取りつけます。そのため、三脚を使用する際は、ストラップを外す必要があります。

三脚をよく使用する場合は、三脚穴を別途設けているタイプのストラップを選ぶと便利です。

ストラップをニーズに合わせて選ぶことで、プロカメラマンのように撮影を行うことができます。頻繁に撮影する方は、ヘビーユースにも耐えられる丈夫なストラップがおすすめです。

Extended Photographic Materialでご用意しているカメラストラップ(ネックストラップ)は、サイズやカラーバリエーションが豊富です。用途に合わせてお選びいただけますので、ぜひご活用ください。

プロカメラマンのようなネックストラップ

会社名 株式会社SMOKEY SUNDAY
住所 〒153-0042 東京都目黒区青葉台3丁目8−13
TEL 03-6416-9922
FAX 03-4586-9856
メールアドレス info@smokeysunday.jp
運営統括責任者 伊崎 真一
URL https://shop.extended.jp/
Liquid error: Argument error in tag 'include' - Illegal template name