Extended Photographic Material



Hobby Izaki / Photography is my only language

Extended Photographic Material

通常価格 ¥2,000

「かっこいいカメラで撮るかっこいい人達」

シリーズ第一弾。ハイパーマルチクリエーター高城剛、俳優 村上淳、クリエティブディレクター 祐真朋樹・姉川輝天、DJ 田中知之、建築家 谷尻誠、写真家 岩木信吾・P.M.KEN・高木康行・石野千尋、ヘアデザイナー 小松敦・鳥羽直泰、デザイナー大森雅之、さまざまな業界で時代の最先端を行く 「かっこいいカメラで撮るかっこいい人達」を写真家 HOBBY IZAKIが撮り下ろした写真集。2020年に向けて、世界に日本人のセンスを発信します。

 

-HOBBY IZAKI-

20代はグラフィックデザイナー、ファッションデザイナーとしてのキャリアを積み、NIKENEW BALANCEG-SHOCKHONDAのプロダクトデザインや、BEAMSUNITED ARROWSNANOUNIVERSE等の有名セレクトショップのファッションデザインを数多く手がける。2003年スイスの家具メーカー「USM」の「haller Technics DJ system」のデザインを担当し、東京デザイナーズウィークに出品され話題を呼んだ。2004年アメリカのスポーツブランド「ARNOLD PALMER」のアートディレクターを担当。「ARNOLD PALMER AOYAMA」にて自身のアートワーク発表会を開催。ヴィンテージウェアコレクターとしても有名で2005年には アメリカのデニムブランド「LEVI’S」より自身が手がけたデニムコレクション「Levi’s Hobby:tech Collection」を発表。またDJとしても活躍。「DJ hobby:tech」名義でアメリカの名門レーベル「MOTOWN」より「CLUB MOTOWN」をリリースし、オランダで開催された世界最大の音楽フェスティバル「Lowland Festival」に出演。DJ ShadowMassive AttackUnderworldらと共演した。30代でフォトグラファーに転身し、G-SHOCKRon Herman等、有名ブランドの広告写真を手掛け話題に。2012年イタリアの高級紳士服ブランド「TIE YOUR TIE」のアートディレクターに就任。2013年の大韓航空のワールドワイドキャンペーンに映像作品が採用される。20146月イタリアの LEICA STORE Firenze にてアジア人として初めて写真展「CRAVATTA」を開催。それを記念して「LEICA × SHINICHI HOBBY IZAKI」オフィシャルコラボレーションアイテムを発表。2014年、写真集「ライカで撮るポートランド」をリリース。2015年、自身プロデュースによるカメラアクセサリーブランド「EXTENNDED PHOTOGRAPHIC MATERIAL」を立ち上げる。2016年より世界のライカストアで EXTENNDED PHOTOGRAPHIC MATERIAL」の取り扱いを開始。以降、写真家としての活躍の場を広げ、イタリア・ニューヨーク・日本を中心に写真展を開催。現在作品が一枚約3,000ドル以上で取引されるようになる。